40代バツイチの女性心理とは?

スポンサーリンク

ここでは、「40代バツイチの女性心理」についてお話します。

 

最近では、結婚に失敗した
経験がある人は少なくありません。

 

魅力的な40代の女性

 

今は晩婚化に伴い、年齢だけでは
未婚・既婚を推測できない時代です。

 

また、仕事の場においても女性進出が目覚ましく、
魅力的で頼りになる年上の女性と
知り合う機会は増えてきました。

 

中でも40代の女性は、
女性としても社会人としても成熟し、
魅力あふれる年代です。

 

そんな魅力的な40代の女性に恋をしたけれど、
バツイチだった、なんてこともよくあるわけです。

 

相手はバツイチだったとしても、
魅力あふれる人間には変わりない。

 

恋愛関係を築いていきたい!

 

貴男がそう思うのであれば、
バツイチの女性の心理を
知っておく必要があります。

 

バツイチの40代女性の心理

 

バツイチの女性は一度結婚を経験しているため、
男性を見る目線が自然とシビアになります。

 

まず、貴男からの好意を
素直に受け取ることができません。

 

もちろん、表面上は純粋に喜んでいるように見せますが、
男性に対して過度な期待をしなくなる分、
好意ある行動に対して

 

「裏があるのでは?」

 

と疑いをもちます。
そのため、彼女にこの好意が本気だと知ってもらうには、
粘り強くアプローチしていく必要があります。

スポンサーリンク

彼女の家族構成も重要!

 

また、同じバツイチ40代女性であっても、
子どもがいるか・いないかで
心理は変わってきます。

 

子どもがいないバツイチ女性の場合、
子どもがいる人に比べて恋愛関係を
受け入れるハードルは低いです。

 

一度結婚を経験しているため、
同年代の独身女性に比べると
結婚に対する意識も低いことがおおく、

 

貴男の本気の好意が伝われば
恋人関係になることができるでしょう。

 

しかし、子どもがいる場合は別です。

 

すべてにおいて子ども優先の考え方になるので、
恋愛関係になるための
ハードルはかなり高いものになります。

 

子どもがいなければ、結婚を考えない

 

「ただの恋人関係」

 

を受け入れることができますが、
子どもがいる場合は恋愛=再婚を意識します。

 

そのため、子どもが貴男を受け入れないのであれば、
お付き合いすることすら難しいでしょう。

 

子どもがいる・いないにかかわらず、
いずれの場合にも忘れてはいけないのは

 

シビアなのは性格ではなく、
経験がそうさせているということです。

 

貴男がまだ経験したことのない
壁を乗り越え、今の彼女が存在します。

 

「彼女の考え方を変えてやろう!」

 

とせず、受け入れてあげることが
距離を縮める第一歩になりますよ。

スポンサーリンク